【目の疲れが気になる方へ】目の運動と耳周りマッサージ

目の疲れを和らげる目の運動とマッサージ 40代の経験知

SNSが普及や日々の業務にる眼精疲労、老化により目の疲れなどにより、朝のから目の疲れが気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで、少しでも目の疲れが改善できればと思い、私の実施している眼精疲労の改善方法をお伝えしたいと思います。

私は2〜3年前から『老眼』がひどくなり、最初のうちは『歳だからしょうがないか』と思っていたのですが、ほぼ同じ時期から『あれ?さっきの交差点で左右確認したっけ?』『さっきの標識なんて書いてたっけ?』など、周囲のことに気づかないようになってきました。

そして、1年くらい前、車での通勤途中に、急に気がつきました。

『あ、真っ直ぐしか見ていない!』

『眼球を動かしていない!』

気づいたときは、少しショックでした。

若い頃、老人が車を運転しているのを見て

『周りを見てないから危ないなぁ〜』

と言っていたのに、言われる側になっていたのですから・・

そこで思いついたのが『目の運動と耳周りマッサージ』です。

最初、気の向くままに目を動かしていたところ

『何か目の周りが暖かくなってスッキリしたぞ』

と感じ、その後耳周りをマッサージしたところ

『更に気持ちいい!!まぶたが軽い!!』

と感じたので継続しています。

あくまでも『通勤の空き時間に何かできないかな?』と思い、自己流で実施しているものなので、ご承知おきください。

※車の運転中は実施しないようご注意ください。

\この記事はこんな方にオススメです/

朝から目の疲れを感じる方
最近、老眼が進行してきた方
出勤時間で、目をシャッキリしたい方

1.目の運動

先ずは眼球を動かす運動です。

車で出勤している方は、信号待ちなどの時間でも実施可能なレベルです。

 ※運転中には決して実施しないよう注意願います。

 ※気分を害する場合は実施しないようご注意ください。

①上下運動

  • 真っ直ぐ前を見た状態で、目だけ上を見ます
  • 次に、同じように目だけで下を見ます
  • これを交互に10回繰返します。

②左右運動

  • 真っ直ぐ前を見た状態で、目だけ右を見ます
  • 次に、同じように目だけで左を見ます
  • これを交互に10回繰返します。

③右上左上運動

  • 目だけ右上を見ます
  • 次に、同じように目だけで左上を見ます
  • これを交互に10回繰返します。

④左上左下運動

  • 目だけ左上を見ます
  • 次に、同じように目だけで左下を見ます
  • これを交互に10回繰返します。

⑤左下右下運動

  • 目だけ左下を見ます
  • 次に、同じように目だけで右下を見ます
  • これを交互に10回繰返します。

⑥右上右下運動

  • 目だけ右上を見ます
  • 次に、同じように目だけで右下を見ます
  • これを交互に10回繰返します。

⑦右上から左下斜め運動

  • 目だけ右上を見ます
  • 次に、同じように目だけで左下を見ます。
  • これを交互に10回繰返します。

⑧左上から右下斜め運動

  • 目だけ左上を見ます
  • 次に、同じように目だけで右下を見ます
  • これを交互に10回繰返します。

⑨右回転運動

  • 目だけ上を見ます
  • 次に、時計回りの方向でぐるっと眼球を回します
  • これを交互に10回繰返します。

⑩左回転運動

  • 目だけ上を見ます
  • 次に、反時計回りの方向でぐるっと眼球を回します
  • これを交互に10回繰返します。

目の運動は以上です。全て行っても2~3分程度です。

①~⑩を行うと、目の周りが少し暖かくなって、目の疲れが少し楽になったと思います。

2.耳周りマッサージ

耳の周りにはツボがたくさんあるとは聞いていたので、色々マッサージしてみて、
気持ちよかったものについて書きたいと思います。

①耳付け根上部のマッサージ

  • 耳の付け根上半分のうち、コリコリするポイントや、押すと気持ちがいい箇所などをグリグリとマッサージします。

②耳付け根後方のマッサージ

  • 耳の付け根、後方の髪の生え際のコリコリしている箇所を、親指などを使いマッサージします。

この2つだけです。

これをやるだけで、マブタが軽くなるというか目が冴えるというか、とにかく気持ち良いです。

通勤時間に少し目を動かす、指でマッサージするなどで気持ちよくなるので、是非試してみてください。

3.まとめ

出勤時間や空き時間などの短時間で行えるものなので、どなたでも簡単に実施できると思います。

1.目を上下左右、斜め、円運動を行う

2.耳周りのコリなどをほぐす

これによりかなり楽になるかと思います。

皆さまの通勤時間の有効利用と、眼精疲労が和らげれば幸いです。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました